キングサイズベッドの大きさはどれくらい?

キングサイズベッドってどれくらい大きいの?

キングサイズのベッドは、皆のあこがれの余裕とゆとりのある大きさです。

 

では、実際にどれくらいの大きさかというと、マットレスの横幅が約160cmほどのものをキングサイズといいます。

 

ちなみにベッドの大きさは一般てきに、シングルが約100cm、セミダブルが、約120cm、ダブルが約140cm、クイーンが約160cmとなります。

 

このように、ワンサイズで約20cm感覚で横幅が大きくなっていきます。

 

キングクラスのベッドになると、お店には中々売っていないかもしれません。

 

値段が非常に高額ですし、単純に大きいので、おいているお店が少ないのです。

 

さて、キングサイズのベッドにもなると、大人2人でも十分にゆとりをもって、横になることが出来ます。

 

また、小さいお子様のいるご家庭でしたら、お子様も真ん中に入れて、3人一緒に眠ることだって出来る大きさです!

 

キングサイズのベッドがあれば、お子様を一緒に、大切なかけがえのない時間を共有して過ごすことが出来ます。

 

大人だけで、ゆとりある贅沢な時間を楽しむのもいいですし、子供と一緒に、成長するまでのかけがえのない時間を過ごすのもいいですね。

 

こういう生活スタイルを選べることが出来るのが、キングサイズベッドならではの特権といえるかもしれません。

 

これから家具をご購入していく新婚さんや、新しく引っ越ししてきたばかりの方など、インテリアの選択肢として、大きいキングサイズを是非検討してみてはいかがでしょうか?